コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一狐裘三十年 いっこきゅうさんじゅうねん

2件 の用語解説(一狐裘三十年の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いっこきゅうさんじゅうねん【一狐裘三十年】

〔「礼記檀弓下」より。春秋時代、斉の晏子あんしが一枚のキツネの皮衣を三十年も着たという故事から〕
非常に倹約なことのたとえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一狐裘三十年
いちこきゅうさんじゅうねん

質素倹約であることのたとえ。中国斉(せい)の宰相晏平仲(あんへいちゅう)は、貧困家庭を数十軒も扶助するほどであったが、私生活はといえば、一枚の狐(きつね)の毛皮でつくった衣を30年も着ていたし、祭りのための供物の豚の肩肉も豆(とう)(小さな容器)にいっぱいにならないほどで、自ら倹約の範を示したという『礼記(らいき)』「檀弓篇(だんぐうへん)」や『十八史略』「春秋戦国 晋(しん)」の故事による。狐裘は狐の毛皮でつくったりっぱな皮衣で、卿大夫(けいたいふ)以上の上流階級が着した。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone