一狐裘三十年(読み)いっこきゅうさんじゅうねん

大辞林 第三版の解説

いっこきゅうさんじゅうねん【一狐裘三十年】

〔「礼記檀弓下」より。春秋時代、斉の晏子あんしが一枚のキツネの皮衣を三十年も着たという故事から〕
非常に倹約なことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一狐裘三十年
いちこきゅうさんじゅうねん

質素倹約であることのたとえ。中国斉(せい)の宰相晏平仲(あんへいちゅう)は、貧困家庭を数十軒も扶助するほどであったが、私生活はといえば、一枚の狐(きつね)の毛皮でつくった衣を30年も着ていたし、祭りのための供物の豚の肩肉も豆(とう)(小さな容器)にいっぱいにならないほどで、自ら倹約の範を示したという『礼記(らいき)』「檀弓篇(だんぐうへん)」や『十八史略』「春秋戦国 晋(しん)」の故事による。狐裘は狐の毛皮でつくったりっぱな皮衣で、卿大夫(けいたいふ)以上の上流階級が着した。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いっこきゅう【一狐裘】 三十年(さんじゅうねん)

(春秋時代、斉の晏子(あんし)が一枚の狐の皮衣を三十年も着たという「礼記‐檀弓下」の故事から) きわめて倹約なことのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android