一石を投じる(読み)イッセキヲトウジル

デジタル大辞泉の解説

一石(いっせき)を投・じる

《水に石を投げると波紋が生じるところから》反響を呼ぶような問題を投げかける。「文壇に―・じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いっせき【一石】 を 投(とう)じる

(石を水に投げ込むと波紋ができて次第に外へ広がっていくことから) 反響を呼ぶような問題を投げかける。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉たこ「『時事日報』経済面の委しい特ダネは、ともかくも静かな水面に一石(セキ)を投じたのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一石を投じるの関連情報