コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般民法典 いっぱんみんぽうてんAllgemeines Bürgerliches Gesetzbuch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般民法典
いっぱんみんぽうてん
Allgemeines Bürgerliches Gesetzbuch

マリア・テレジアの発議ののち長い準備期間をかけて編纂され 1811年6月1日にオーストリアで施行された民法典。適用範囲はオーストリア帝国の盛衰とともに変動したが,東ヨーロッパ諸国にも及んだ。編纂には F.ツァイラー (1751~1828) の貢献が大きい。自然法的体系をとり,皇帝ヨゼフ流の啓蒙主義に立脚していた。プロシア一般ラント法に比べ簡潔 (全体で 1502条) かつ抽象的で,公法規定を含まぬ純然たる私法典である。また,規定には不備も多いが,概念的緻密さと体系的完全さでは卓越した法典である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

一般民法典の関連キーワードチボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)プロイセン一般ラント法サビニー法典論争