一花開けて天下の春(読み)いっけひらけててんがのはる

精選版 日本国語大辞典の解説

いっけ【一花】 開(ひら)けて=天下(てんが)[=四方(よも)]の春(はる)

花が一つ開くのを見て、春の訪れを知る。もののきざしから全体を知るたとえ。→一葉(いちよう)落ちて天下の秋を知る
謡曲・芭蕉(1470頃)「み法(のり)の色を現はすや、一花開けて四方の春」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android