コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一葉落ちて天下の秋を知る イチヨウオチテテンカノアキヲシル

デジタル大辞泉の解説

一葉(いちよう)落(お)ちて天下(てんか)の秋(あき)を知(し)る

《「淮南子(えなんじ)」説山訓の「一葉の落つるを見て、歳のまさに暮れなんとするを知る」から》落葉が早い青桐(あおぎり)の葉が1枚落ちるのを見て、秋の来たことを知る。わずかな前触れから将来の大きな動きを予知できることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちようおちててんかのあきをしる【一葉落ちて天下の秋を知る】

〔淮南子 説山訓「見一葉落、而知歳之将一レ暮」〕
青桐あおぎりの一葉が落ちるのを見て、秋の訪れを知る。小さな前触れによって将来のなりゆき、衰亡のきざしを察することをいう。 → 桐一葉きりひとは

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一葉落ちて天下の秋を知るの関連キーワードアオギリ淮南子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android