一葉落ちて天下の秋を知る(読み)イチヨウオチテテンカノアキヲシル

  • いちよう
  • 一葉
  • 一葉(いちよう)落(お)ちて天下(てんか)の秋(あき)を知(し)る
  • 落(お)ちて天下(てんか)の秋(あき)を知(し)る

大辞林 第三版の解説

淮南子 説山訓一葉落、而知歳之将一レ
青桐あおぎりの一葉が落ちるのを見て、秋の訪れを知る。小さな前触れによって将来のなりゆき、衰亡のきざしを察することをいう。 → 桐一葉きりひとは

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「淮南子‐説山訓」の「見一葉落、而知歳之将一レ暮」から、落葉一枚で秋の来たのを知る意で) わずかな現象を見て、その大勢を予知することのたとえ。一葉落ちて天下の秋。→一花(いっけ)開けて天下の春。〔諺苑(1797)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

他の木より早く落葉するあおぎりの葉の一枚が落ちるのを見て、秋が来たのを知る。わずかな前兆を見て大勢を予知することのたとえ。

[使用] 一葉落ちて天下の秋を知るとか何とか言うじゃあありませんか。ビール一本だって貴下の心を言わないとも限りませんよ[国木田独歩暴風|1907]

[解説] 「淮南子―説山訓」に「一葉の落つるを見て、歳のまさに暮れなんとするを知る」とあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

わずかな現象を見て、大勢を予見することのたとえ。

[使用例] 一葉落ちて天下の秋を知るとか何とか言うじゃありませんか。ビール一本だって貴下の心を言わないとも限りませんよ[国木田独歩*暴風|1907]

[由来] 「淮南子―説山訓」の一節から。身近なところからでも、世の中の行く先に気づくことができる例として、「一葉の落つるを見て、歳のまさに暮れんとするを知る(一枚の葉が散るのを見て、一年が終わろうとしているのを知る)」ことを挙げています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android