コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一荷 イッカ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐か【一荷】

天秤棒(てんびんぼう)の両端にかけて、一人で肩に担えるだけの荷物。
釣りで、1本の釣り糸に2本以上の釣り針を結びつけて、一度に2匹の魚を釣ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっか【一荷】

一つの荷。
てんびん棒の両端につけて、ひとりの肩に担える分量。ひとにない。
釣りで、一本の釣り糸に二本以上の釣り針をつけ、一度に二匹釣り上げること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一荷の関連キーワードブリネル硬さ京の四季伏見三寸食行身禄盆仕舞ひ粋の懐彼の人天秤棒両端角樽催す掛け箱肴小寒

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一荷の関連情報