コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内証 ナイショウ

デジタル大辞泉の解説

ない‐しょう【内証】

仏語。自己の心の内で真理を悟ること。内面的な悟り。
表向きにせず、内々にしておくこと。外部には隠しておくこと。また、そういう意向。内密。ないしょ。
「―にてのお掛合いも愈(いよいよ)手切と相成り候間」〈芥川・糸女覚え書〉
「商売の元手をとらすべしと、この―を両方へ聞かせしに」〈浮・桜陰比事・五〉
表向きでないところ。奥の間。特に、勝手、台所。また、そのやりくり。内々の経済状態。家の暮らし向き。ないしょ。「内証は火の車だ」
「―より内儀声を立てて」〈浮・諸国ばなし・一〉
遊女屋の、主人のいる所。また、主人。ないしょ。
「―の千臆(ちおく)さんへ…伝言をたのまれやしたから」〈魯文安愚楽鍋
内輪の事情。内々のようす。内情。
「扇風かたへ参りて―を吹き込みければ」〈浮・禁短気・一〉
他人の妻を敬っていう語。内室。
「塩冶が―顔世の頼み」〈浄・忠臣蔵
内輪の者。みうち。親族。
「世間、―ともに心を付けぬるかはゆさに」〈浮・一代男・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないしょう【内証】

仏教で、自分の心のうちで真理を悟ること。また、心の中で体験する悟り。内心の悟り。
ないしょ(内緒)」に同じ。 「今、目の前でいただくも、-にて状でいただくも、同し事と/浮世草子・一代男 7
ないしょ(内緒)」に同じ。 「おもては立派で-はくるしい/黄表紙・金生木」
ないしょ(内緒)」に同じ。 「 -より内儀声を立て/浮世草子・諸国はなし 1
ないしょ(内緒)」に同じ。 「あれ程うつくしきはまたもなきに、天神になしけるは-に悪き事のありや/浮世草子・一代女 2
表向きにしないで、内々にしてある考えや意向。 「御-にかなふ事をつとめらるるごとく/どちりなきりしたん」
他人の妻妾を敬っていう語。内室。 「御亭主はまだか。御-は/洒落本・遊子方言」
身内みうち。親族。 「私は-の者でござる/狂言記・鱸庖丁」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内証
ないしょう

自内証」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の内証の言及

【公界】より

…公共のものをさし,井田の中央を公界といったともいうが,無学祖元の〈円覚公界〉という表現,〈雲堂公界の坐禅〉(《正法眼蔵》),〈公界人〉(東福寺文書)などの用例からみて,俗界から離れた修行の場や修行僧を意味するものと思われる。南北朝時代には〈述懐ハ私事,弓矢ノ道ハ公界ノ義〉(《太平記》)のように,私事に対する公をさす語として,一般的に使われはじめ,室町・戦国時代に入ると,公界は世間・公衆の意味で,内々,内証に対する言葉として広く用いられるようになった。それとともに,公界者,公界衆は私的隷属民(下人,所従)とは異なる遍歴の職人,芸能民をさし,遍歴の算置(さんおき)が公界者に手をかけることを昂然と拒否したような(狂言《居杭(いぐい)》),積極的な意味を持つようになる。…

※「内証」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内証の関連キーワード針を蔵に積みても溜らぬ暗がりに鬼を繋ぐ提灯程の火が降る内議・内儀・内義曽我殿・曾我殿牛の寝たほどこそこそ三里引っ込み禿お古牟の方食らひ詰め曽我・曾我勝手尽く表を張る滅鬼積鬼御庫秘事浮世草子即身成仏火が降るすかまた表付き

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内証の関連情報