コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一行花 いちぎょう はな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一行花 いちぎょう-はな

1724-1789 江戸時代中期の行者。
享保(きょうほう)9年生まれ。食行身禄(じきぎょう-みろく)の3女。14歳から武家の家ではたらく。30歳ごろ幕臣小笠原信安と結婚。夫の没後,富士講初代教主となり「花の咲く菩薩(ぼさつ)」としたわれた。寛政元年9月17日死去。66歳。江戸出身。名は此花(このはな)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一行花

没年:寛政1.9.17(1789.11.4)
生年:享保9(1724)
江戸中期の富士講初代教主。富士講身禄派の祖食 行身禄の3女,江戸生まれ。一行は行者名で,此花ともいう。9歳のときに父が富士山で入定,跡を継ぐ。14歳で武家奉公,30歳ごろに幕臣小笠原信安に嫁ぐ。明和3(1766)年花形浪江(のち伊藤参行)を弟子にする。安永4(1775)年の父の命日7月17日に参行を伴い,女人禁制を破って富士に登山,御室浅間に通夜する。身禄派を継いだ参行により,身禄は「実の生ずる菩薩」,花は「花の咲く菩薩」とされた。一身に常人の陰陽ふたり分を具有する女性として崇められた。遺文『食行直伝の同行に相渡す書』『一行一言』ほか,和讃,和歌があり,肖像画が残っている。<参考文献>岩科小一郎『富士講の歴史』

(浅野美和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

一行花の関連キーワードフランス革命札差喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)フェリペフェリペ[5世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android