此花(読み)このはな

精選版 日本国語大辞典「此花」の解説

この‐はな【此花】

[1] 〘
① (「このはな(木)①」から転じて) 桜の花の雅称。
浄瑠璃・一谷嫩軍記(1751)三「敦盛卿は院の御胤、此花江南の所無(しょむ)は、則ち南面の嫰(ふたば)
② (「このはな(木花)②」から転じて) 梅の花の雅称。
※梵燈庵主袖下集(1384か)「木草の異名の事。〈略〉梅は、匂ひ草、かべはへ草、色か草、此花草、香取草、五種草」
③ (ある王孫の入学に際し、大江朝綱と菅原文時がともに桜にことよせて「此花非是人間種、云々」の詩句を詠じた(和漢朗詠‐下)ことからとも、「古今‐仮名序」の「なにはづに咲くやこのはな冬ごもりいまははるべと咲くやこの花」が親王である仁徳天皇が帝位につくように勧める意を寓したところからともいう) 親王の異称。
※八雲御抄(1242頃)三「親王〈略〉この花 皇子をもいへり」
④ (元稹の詩句「不是花中偏愛菊、此花開後更無花」から) 菊の花の雅称。
※俳諧・蕪村句集(1784)秋「唐人(からびと)よ此花過てのちの月」
⑤ 江戸時代の酒の銘柄。転じて、酒の異称。〔随筆・橘窓自語(1801)〕
⑥ 塩漬けの小梅に砂糖をまぶした食品。〔料理珍味集(1764)〕
[2] 大阪市の行政区の一つ。市北西部、淀川下流の三角州にある。江戸時代に、新田として開発。第二次大戦後、大重工業地帯を形成。ユニバーサル‐スタジオ‐ジャパンがある。大正一四年(一九二五)成立。昭和一八年(一九四三)、東部を福島区に分区。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「此花」の解説

このはな【此花】

大阪市西部の区名。工業地区。名は、古今集の「難波津に咲くやこの花」のによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「此花」の解説

このはな【此花】

福島の日本酒。蔵元は「此花酒造」。現在は廃業は会津若松市御旗町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android