コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食行身禄 じきぎょう みろく

2件 の用語解説(食行身禄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

食行身禄 じきぎょう-みろく

1671-1733 江戸時代前期-中期の富士講行者。
寛文11年1月17日生まれ。江戸で油商として成功。17歳のとき富士講5世の月行〓(「曾」に“りっとう”)忡(げつぎょう-そうちゅう)に入門。加持祈祷中心の村上光清(こうせい)の光清派を批判し,実践倫理を重視する身禄派をおこす。「身禄(弥勒(みろく))の世」の到来を予言し,富士山で断食入定(にゅうじょう),「烏帽子岩三十一日之巻」を口述し,享保(きょうほう)18年7月17日絶命。63歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗名は伊藤伊兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食行身禄
じきぎょうみろく
(1670―1733)

江戸中期の富士講の指導者。富士講身禄派の祖「元祖」と呼ばれる。通称伊藤伊兵衛、伊勢国一志(いちし)郡川上村に生れ、江戸に出て商人になり、油、呉服、薬、太物(ふともの)等多角経営をして成功する。富士行者月行(げつぎょうそうじゅう)の弟子になり1688年(元禄1)の初登山に、仙元大菩薩の神意を受け「振り替り」と「みろくの世の到来」を悟る。1721年(享保6)より『一字不説之巻(いちじふせつのまき)』の著作に着手、資産を使用人や親類に分け与え、油桶一荷の行商人になり、布教に専念した。1732年飢饉(ききん)のなかで富士山入定(にゅうじょう)を決意、翌年7月富士山にて断食(だんじき)入定。著書は『鳩ヶ谷市の古文書』(鳩ヶ谷市教育委員会)所収。[岡田 博]
『岩科小一郎著『富士講の歴史』(1983・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の食行身禄の言及

【富士山】より

…【高取 正男】 富士山の信仰には,山岳信仰全体からみても特色あるいくつかの点を指摘することができる。多くの雲霞で仕切り,駿河湾と東海道を描く下段,浅間神社を中心とする中段,富士山を中心とした上段との3段に分けて描かれた〈富士曼荼羅〉や,一切経埋納習俗などもその一つであるが,なかでも特筆すべき点は,角行(かくぎよう)(画行,書行とも),食行身禄(じきぎようみろく)(1671‐1733)の系譜に属する富士講が,近世中・後期に爆発的に隆盛し,それによって初めて富士山信仰の統一がはかられるような様相を呈したことであろう。そのために古代・中世に富士山信仰のなかで大きな比重を占めていた仏教的要素,修験道的要素は,近世期に新たな修験道と称してもよい富士講のなかに集約されてしまい,今日の富士山信仰にほとんど伝えられていないことも特色の一つといえよう。…

※「食行身禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

食行身禄の関連キーワード常行貝原和軒芝崎好高太兵衛多羅尾永陸寺沢友斎深尾省斎細川有孝曲淵景衡梁田毅斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone