コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一重瞼 ひとえまぶた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一重瞼
ひとえまぶた

眼を正面からみた場合に上眼瞼の外面の下縁付近に溝がみられないもの。実際は,まつげが生えている上眼の自由縁と平行に走るひだが,自由縁より下垂してこれを隠している形をとる。一重瞼の場合は眼瞼内に脂肪がより多く含まれていることが多い。コーカソイドニグロイドではきわめてまれであるが,モンゴロイドでは頻度が高く人種特徴の一つとなっている。 (→瞼の襞 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐まぶた〔ひとへ‐〕【一重×瞼】

上まぶたに横ひだがない、一重のまぶた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとえまぶた【一重瞼】

横ひだのない、ひとえの瞼。ひとかわめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一重瞼の関連キーワードアジア・モンゴロイド二重まぶた(二重瞼)一皮目二重瞼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一重瞼の関連情報