コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一面観 イチメンカン

デジタル大辞泉の解説

いちめん‐かん〔‐クワン〕【一面観】

一つの方面からだけの見方。全体を見ない見方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちめんかん【一面観】

一方の側のみからの見方。狭い見方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一面観の関連キーワード長野県小県郡青木村当郷太山寺(愛媛県)翻波式衣文西新井大師六波羅蜜寺海住山寺紀三井寺大内青圃明珍恒男観世音寺稽文会玉城町大服茶押出仏立木仏長谷寺上山田三徳山稽主勲志度寺

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一面観の関連情報