コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁丁/打打 チョウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ちょう〔ちやうちやう〕【丁丁/打】

[副]かん高い音が続いて響くさまを表す語。
「碁石の音のみ―と響いて居る」〈蘆花黒潮

とう‐とう〔タウタウ〕【丁】

[ト・タル][文][形動タリ]斧(おの)で木を切る音やくいを打つ音の響きわたるさま。
「―と白檀(びゃくだん)を伐(う)つ斧の音」〈白秋・蟻〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうとう【丁丁】

( 形動タリ )
木を切る音や杭を打ったりする音などが響きわたるさま。ちょうちょう。 「朝霧や杭くいぜ打つ音-たり/蕪村句集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丁丁/打打の関連キーワード丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎ちょうちょう丁丁発止厳文井発止

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android