コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

本ののページを合わせた2ページ分、紙1枚のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔チヤウ〕【丁】

[名]
2で割り切れる数。偶数。特に、さいころの目の偶数。「か半か」⇔
市街地を分けたもの。町。「銀座八」→丁目
町(ちょう)2」に同じ。「頂上まで五
てい(丁)3
ちょうど。まさに。
「わしは戌で―六十」〈浄・鑓の権三
[接尾]助数詞。
和装本の裏表2ページをひとまとめにして、それを数えるのに用いる。枚。葉。「五の草子」
豆腐を数えるのに用いる。
料理・飲食物の一人前を単位として数えるのに用いる。「天丼(てんどん)一
相撲・将棋などで、勝負の取組・手合わせなどの回数を数えるのに用いる。番。
挺(ちょう)

ちょう【丁】[漢字項目]

[音]チョウ(チャウ)(呉) テイ(漢) [訓]ひのと
学習漢字]3年
〈チョウ〉
偶数。「丁半
とじた紙の一葉。「丁数落丁乱丁
物が打ち当たる音を表す語。「丁丁発止
〈テイ〉
十干の第四。ひのと。「丁酉(ていゆう)」
順位で、第四位。「丁夜
成年の男子。「丁年壮丁
人に使われて働く男。「園丁使丁廷丁馬丁
「丁」の形。「丁字形丁字路
ねんごろ。「丁重丁寧
[名のり]あつ・つよし・のり
[難読]丁髷(ちょんまげ)丁幾(チンキ)丁稚(でっち)丁抹(デンマーク)拉丁(ラテン)

てい【丁】

十干の第四。ひのと。
成績や等級・順位などの第四位を表す語。「甲・乙・丙・
律令制で、調雑徭(ぞうよう)の賦課対象となる21歳から60歳までの男子。正丁(せいてい)。

てい【丁】[漢字項目]

ちょう

ひ‐の‐と【丁】

《「火の弟(と)」の意》十干の4番目。てい。

よほろ【丁】

《「膕(よほろ)」と同語源。「よぼろ」とも》古代、公用に徴発されて使役された人民。律令制では正丁(せいてい)がこれにあてられる。夫(ぶ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てい【丁】

十干の第四。ひのと。
等級・順位の第四位。
官に徴発して使役する役夫。よほろ。
律令制で、課役(調・庸・雑徭ぞうよう)を負担する成年男子。ちょう。

ひのと【丁】

〔「火の弟おと」の意〕
十干じつかんの第四。

よほろ【丁】

〔「よぼろ」とも。「よほろ(膕)」と同源〕
古代、公用の労働に使われた男子。特に、朝廷の土木工事に使われた者。正丁せいてい。 「仕つかえの-は、旧の三十戸毎に一人せしを改めて/日本書紀 孝徳訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

(1)和装の二つ折りされた1枚の紙葉で,表裏2ページ分にあたる.丁数は各葉の折り目に記されている.張ともいう.枚と同義で使われることもある.(2)洋装本の基本的な構成単位である折丁のこと.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

丁の関連キーワード正丁(しょうてい)ティンウェンチャン口も八丁手も八丁盛世滋生人丁チョンヤヨン口八丁手八丁手八丁口八丁ケンディンティンリン折り記号岡崎味噌三州味噌天文条約宝字丁銀日本書紀いっちょ一丁前古丁銀地丁銀折記号

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丁の関連情報