(読み)ちょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

本ののページを合わせた2ページ分、紙1枚のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔チヤウ〕【丁】

[名]
2で割り切れる数。偶数。特に、さいころの目の偶数。「か半か」⇔
市街地を分けたもの。町。「銀座八」→丁目
町(ちょう)2」に同じ。「頂上まで五
てい(丁)3
ちょうど。まさに。
「わしは戌で―六十」〈浄・鑓の権三
[接尾]助数詞。
和装本の裏表2ページをひとまとめにして、それを数えるのに用いる。枚。葉。「五の草子」
豆腐を数えるのに用いる。
料理・飲食物の一人前を単位として数えるのに用いる。「天丼(てんどん)一
相撲・将棋などで、勝負の取組・手合わせなどの回数を数えるのに用いる。番。
挺(ちょう)

ちょう【丁】[漢字項目]

[音]チョウ(チャウ)(呉) テイ(漢) [訓]ひのと
学習漢字]3年
〈チョウ〉
偶数。「丁半
とじた紙の一葉。「丁数落丁乱丁
物が打ち当たる音を表す語。「丁丁発止
〈テイ〉
十干の第四。ひのと。「丁酉(ていゆう)」
順位で、第四位。「丁夜
成年の男子。「丁年壮丁
人に使われて働く男。「園丁使丁廷丁馬丁
「丁」の形。「丁字形丁字路
ねんごろ。「丁重丁寧
[名のり]あつ・つよし・のり
[難読]丁髷(ちょんまげ)丁幾(チンキ)丁稚(でっち)丁抹(デンマーク)拉丁(ラテン)

てい【丁】

十干の第四。ひのと。
成績や等級・順位などの第四位を表す語。「甲・乙・丙・
律令制で、調雑徭(ぞうよう)の賦課対象となる21歳から60歳までの男子。正丁(せいてい)。

てい【丁】[漢字項目]

ちょう

ひ‐の‐と【丁】

《「火の弟(と)」の意》十干の4番目。てい。

よほろ【丁】

《「膕(よほろ)」と同語源。「よぼろ」とも》古代、公用に徴発されて使役された人民。律令制では正丁(せいてい)がこれにあてられる。夫(ぶ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てい【丁】

十干の第四。ひのと。
等級・順位の第四位。
官に徴発して使役する役夫。よほろ。
律令制で、課役(調・庸・雑徭ぞうよう)を負担する成年男子。ちょう。

ひのと【丁】

〔「火の弟おと」の意〕
十干じつかんの第四。

よほろ【丁】

〔「よぼろ」とも。「よほろ(膕)」と同源〕
古代、公用の労働に使われた男子。特に、朝廷の土木工事に使われた者。正丁せいてい。 「仕つかえの-は、旧の三十戸毎に一人せしを改めて/日本書紀 孝徳訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

(1)和装の二つ折りされた1枚の紙葉で,表裏2ページ分にあたる.丁数は各葉の折り目に記されている.張ともいう.枚と同義で使われることもある.(2)洋装本の基本的な構成単位である折丁のこと.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう チャウ【丁】

[1] 〘名〙
令制で、成人男子のこと。二一歳から六〇歳までの男子。てい。→丁(てい)
② (「長」とも書く) 偶数。特に采の目の偶数をいう。半の対。→調(ちょう)。〔六物図抄(1508)〕
③ (「長」とも書く) ちょうど…の意を表わす。しばしば、漢語数詞の上に付き、接頭語のように用いる。
※玉塵抄(1563)二「かだましいうでこきの英雄ちゃうほむるやうでそしったぞ」
④ (「長」とも書く) 「ちょうせん(丁銭)」「ちょうひゃく(丁百)」の略。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「『いくらだね』『ハイハイ九百長(テウ)五十でござります』」
[2] 〘接尾〙
① 書物、特に、和装本の裏表二ページをひとまとまりとして数えるのに用いる。枚。葉。
※実隆公記‐大永七年(1527)六月五日「今日伊勢物語立筆、十余丁書之」
② 豆腐を数えるのに用いる。
※俳諧・本朝文選(1706)九・弁類・豆腐弁〈許六〉「豆腐といふ物一丁出て」
③ 料理・飲食物の一人前を単位として数えるのに用いる。
④ 相撲・将棋など、勝負の取組・手合わせなどの回数を数えるのに用いる。番。
⑤ 乗り物の駕輿(がよ)を数えるのに用いる。
※説経節・説経しんとく丸(1648)上「このまいを申せしとき、いぬゐのざしきに、こしが三ちゃうたったりしが」

てい【丁】

〘名〙
① 十干(じっかん)の第四番目。ひのと。また、事物を分ける時、甲乙丙についで四番目にあたるものを表わすのにも用いられる。
※元和本下学集(1617)「丁 ヒノト テイ 強圉(キャウギョ)」 〔爾雅‐釈天〕
② 強いこと。さかんなこと。さかん。〔史記‐律書〕
③ 令制で、二一歳から六〇歳までの男子をいう。男子で庸・調・雑徭の力役を課される年齢の者。天平宝字元年(七五七)に下限を二二歳に引上げ、翌二年老丁の下限を六〇歳に引下げたので、丁の範囲は二年短縮された。ちょう。→正丁(せいてい)
※令義解(718)戸「凡男女三歳以下為黄。〈略〉其男廿一為丁」 〔唐六典‐戸部・黒正〕
④ 令制で、女を表わす語の上に付いて二一歳から六〇歳までの女子を示す。ただし、女子には力役を負担する義務がなかった。
※正倉院文書‐大宝二年(702)筑前国嶋郡川辺里戸籍「女建部伊母豆売、年弐拾伍歳、丁女。〈略〉婦己西部哿麻売、年肆拾歳、丁妻」
⑤ (接尾語的に用いて) 令制で、課役の対象となる男子であることを示す語。正丁・残丁・次丁の類。

ひ‐の‐と【丁】

〘名〙 (「火の弟(おと)」の意) 十干(じっかん)の第四番目。五行説によって五行の火に十干の丁(てい)を配したもの。てい。
※歌仙本兼輔集(933頃)「ひのと 夕されば逢見るべきを春の日の疾暮ぬこそ侘しかりけれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丁の関連情報