伐木(読み)ばつぼく

精選版 日本国語大辞典「伐木」の解説

ばつ‐ぼく【伐木】

〘名〙 を切り倒すこと。
※性霊集‐三(835頃)和尚中寿感興滝水鼙鼓、伐木柷敔」 〔詩経‐小雅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「伐木」の解説

【伐木】ばつぼく

木を伐る。〔詩、小雅、伐木〕は友情を歌う詩とされる。唐・杜甫〔張氏の隠居に題す、二首、一〕詩 春山(とも)無く、獨り相ひ求む 伐木丁丁(たうたう)として、山(しづ)かなり

字通「伐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android