七年忌(読み)シチネンキ

精選版 日本国語大辞典の解説

しちねん‐き【七年忌】

〘名〙 死んでから満六年、数えで七年目にあたる日。七回忌。七年。
※鳩嶺雑事記‐応安三年(1370)七月七日「光厳院法皇御七年忌也。於禁中震筆御八講
曾我物語(南北朝頃)一二「今日は此の者が七ねんきに当り候へば、追善を営みとぶらひ侍るなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

七年忌
(通称)
しちねんき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
夕霧七年忌
初演
元禄10(京・都万太夫座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android