七王妃物語(読み)しちおうひものがたり(英語表記)Haft Paikar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七王妃物語
しちおうひものがたり
Haft Paikar

ペルシアの詩人ニザーミーの叙事詩。原名は「七人像」を意味し、『バフラームの書』としても知られる。ササン朝皇帝バフラーム5世が王子時代、ある宮殿で目にした7人の美女の肖像画に魅惑され、即位後7人の美女を王妃に迎え、七色の御殿にそれぞれ住まわせる。曜日ごとに各宮殿を訪れると、各王妃が出身地にまつわる興味深い話を聞かせて皇帝を楽しませるという枠(わく)物語で構成されている。ペルシア文学作品のなかでももっとも官能的な作品として知られ、巧みな比喩(ひゆ)、隠喩が自在に駆使されている。それぞれの王妃が語る物語は怪奇と幻想に満ち、濃艶(のうえん)、絢爛(けんらん)を極める。この作品は中世以来ペルシア・ミニアチュールの絶好のテーマとしても名高い。[黒柳恒男]
『黒柳恒男訳『七王妃物語』(1971・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android