コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七草草紙 ななくさそうし

1件 の用語解説(七草草紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ななくさそうし【七草草紙】

室町時代の御伽草子。渋川版の一つ。七草摘みの由来を説き,親孝行を勧める物語。唐の楚国の大しうという者が老いた父母を見て悲しみ,明け暮れ祈誓する。すると帝釈天が天下り,須弥山(しゆみせん)の南にすむ白鵞鳥が春の初めごとに七草を服すがゆえに八千年の寿命を保つと教える。大しうは七草を父母に与え若返らせる。噂を聞いた帝は親孝行に感動し,位を譲る。典拠未詳。奈良絵本に《七草》があり,本文に少異をもつ。【宮田 和美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

七草草紙の関連キーワード御伽草子仮名草子三人法師十二段草子鉢かづき福富草子文正草子梵天国仮名本『御伽草子』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone