コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しみ/哀しみ/愛しみ カナシミ

デジタル大辞泉の解説

かなしみ【悲しみ/哀しみ/愛しみ】

悲しむこと。悲しい気持ちや心。悲嘆。「―の色を浮かべる」「―に暮れる」⇔喜び
(愛しみ)いとおしむこと。情愛。
「末世の衆生に親子の―深きことを知らしめんがためなり」〈今昔・四・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かなしみ【悲しみ】

人間の感情表現の一つであり,自己の無力感,挫折感を伴う。涙を流して泣く,独特の表情,意欲・行動の低下,自己へのひきこもりが観察され,胸がしめつけられるという身体症状の訴えもみられる。悲しみの生じる状況では,愛情や依存の対象が失われるという危機がみられる。この対象は人物の時に強く現れるが,仕事とか生き甲斐,自分の身体等も含まれる。対象喪失にさいし,最初は,怒りや事実を否認することで対処しようとするが,それがどうしようもない事実として認めざるをえなくなった時に,無力感とともに悲しみが生じてくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悲しみ
かなしみ

情動のうちで比較的基本となっている体験であり、喜びと対比される。さまざまな自己あるいは他人の不幸や失敗の経験、予期あるいは回顧などに伴う抑うつ的な情動をいう。これを引き起こす原因によって、その性質はかならずしも一定していない。軽度の場合には、なんとなく無力な感じという程度で、哀愁とでもいうことができる。特別に不幸や失敗を経験していないにもかかわらず、晩秋のもの悲しさを感じるというのはここに入る。激しい悲しみは悲痛とよばれている体験であり、泣いたり身をよじったりという身体的表出を伴うことが多い。もっとも、なんらかの身体的反応を伴うのは、あらゆる悲しみの情動に共通したことであって、悲痛の場合だけではない。哀愁であっても、落涙を伴うこともある。
 情動が身体的変化を引き起こすというのが一般的な考え方であるが、アメリカの心理学者W・ジェームズとデンマークの生理学者ランゲはこれに対して、身体的あるいは生理的な変化が情動を誘発するものであると説いた。悲しいから泣くのではなく、泣くことが悲しみの情動を引き起こすという考えである。これをジェームズ‐ランゲ説James-Lange theoryというが、現代の心理学はこの所説を全面的には肯定していないとしても、実際に涙をこらえているうちは悲しみも抑えられているが、ひとたび落涙し泣きだすに及んで、悲しみが高揚することは確かである。[花沢成一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone