コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良絵本 ならえほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良絵本
ならえほん

室町時代後半~江戸時代前期に,おもに御伽草子を題材としてつくられた絵入りの冊子本。絵は,金銀,朱,緑などの極彩色で,稚拙なものから土佐風のものまで多くの様式を示す。表紙は紺表紙,雲形表紙。横本と竪 (たて) 本とがある。奈良興福寺の絵仏師内職に描いたというが未詳。婦女童幼の読み物としてもてはやされ,嫁入り本としても用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

奈良絵本【ならえぼん】

室町末期〜江戸初期に,奈良の絵仏師によって作られた一種の絵本。御伽(おとぎ)草子を素材に,土佐派風の奈良絵と呼ばれる肉筆彩色画が描かれたが,大量に制作したため一般に粗雑で芸術的雅致は乏しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ならえほん【奈良絵本】

室町後期から江戸中期寛文(1661‐73)ころにかけてつくられた絵入写本の一種。縦約16cm,横約22cmほどの横本(よこほん)の体裁をなし,紺紙に霞または雲形(くもがた)をあしらい,金泥で草花などを描いた表紙で,その中央上部か左肩上に書名を記した題簽(だいせん)を貼り,見返しは金か銀の箔を置くものが多い。本文は間似合(まにあい)紙を用い,絵と詞とはそれぞれ別の書き手で,内容は《舞の本》から採ったものや謡曲,説経をうつしたものもあるが,ほとんどが御伽草子である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ならえほん【奈良絵本】

奈良絵のはいった一種の絵本。庶民を対象としたもので、内容はお伽草子を主としている。奈良本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良絵本
ならえほん

御伽草子(おとぎぞうし)、舞(まい)の本(幸若(こうわか)舞)などに彩色の挿絵を入れた古写本。奈良絵本は興福寺などの絵仏師が注文や売品としてつくったものであるといわれるが、その名称は明治中期ころにつけられたもので、江戸時代には単に古写本、かき本などとよばれるのみである。奈良絵本には筆者や製作年代を記したものがきわめて少ないが、その画風などから室町時代末期より江戸時代初期にかけてつくられたものと考えられ、曲亭馬琴(ばきん)が『文正(ぶんしょう)草子』『鉢かづき』などの絵巻物に触れ、これらが慶長(けいちょう)の後までも「書肆(しょし)のしいれ画といふもの毎年に出せり」と述べており、江戸初期の御伽草子の絵巻物に「城殿和泉掾(いずみのじょう) 草子屋 藤原尊重」という印をもつものがあり、草子屋とよばれた書肆(本屋)や、絵屋・扇屋などでつくられたものと考えられる。柳亭種彦(りゅうていたねひこ)は『文正草子』について「此(この)さうし今多く伝り、大本(おほほん)・小本(こほん)、摺本(すりほん)の数あるも、昔は家々になくてかなはざりし冊子(さうし)なりしが故(ゆゑ)なり」と述べており、おおむね初期のものに縦30センチメートルほどの大型縦本が多く、やがて縦23×17センチメートルほどの縦本とこれを横にした横本に統一される。
 なお、同じ時期の内容・作風の共通する絵巻物も奈良絵本とよぶことがある。嫁入り本、棚飾り本ともよばれたように、表紙は、紺紙(こんし)に草花などを金泥(きんでい)で描き朱の題簽(だいせん)をつけるものや内曇(うちぐもり)模様のものが多く、見返しに金箔(きんぱく)を用いるなど、華麗な造本のものが多い。室町時代中期以降の絵巻物には、御伽草子的な内容をもつものが多く、奈良絵本の挿絵がそれらの影響を受けていることはいうまでもない。
 その挿絵は、泥絵具(どろえのぐ)を用いたものから白描画(はくびょうが)に至るまで、さまざまであるが、おおよそ二つの流れに分類することができる。一つはいわゆる奈良絵とよばれるもので、天地に定形化したすやり霞(がすみ)をつけ、泥絵具を用いる素朴な作風をもつもの、一つは細密華麗な描写のもので、すやり霞に金砂子などを用い、本文料紙にも金泥の下絵をもつものがある。これら奈良絵本をそのまま版本化したものもあり、初期の仮名草子(かなぞうし)や浄瑠璃正本(じょうるりしょうほん)の挿絵には奈良絵本の影響が認められる。[赤井達郎]
『高崎富士彦著『お伽草子』(1970・至文堂) ▽赤井達郎著「奈良絵本研究史」(奈良絵本国際研究会編『御伽草子の世界』所収・1982・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奈良絵本の言及

【絵本】より

…歴史的には,平安時代末から室町時代末におよぶ多くの絵巻物は,絵が物語を表現する形式としては世界に比類ないが,その推移を見ると,内容が細分化するに従って絵は衰弱し,巻子本はついに冊子本に変わる。その境めの安土桃山時代初めに民衆画が現れて御伽(おとぎ)草子類を飾り,庶民に奈良絵本として売られたと考えられる。やがて印刷が始まり,衆に先がけて京都の角倉了以が本阿弥光悦とともに,いわゆる嵯峨本を刊行し(1608),その挿絵は以後の印刷本の見本になった。…

※「奈良絵本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良絵本の関連キーワードバーバラ ルーシュ貴船の本地浄瑠璃物語十二段草子竹取物語お伽草子小栗判官七草草紙酒呑童子鶴女房梵天国丹緑本異類物奈良本御伽本屋和紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良絵本の関連情報