万八(読み)マンパチ

デジタル大辞泉の解説

まん‐ぱち【万八】

《万の中で真実なのはわずかに八つだけの意》うその多いこと。いつわり。千三つ。
「いけ年を仕って何も―を極めるにや当りません」〈鏡花・註文帳〉
の異称。
「私は常々酒を好き候ふ故、日用の―と申し候」〈浄・当麻中将姫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんぱち【万八】

〔万のうち真実は八つだけの意〕 うそ。ほら。また、うそつき。千三つ。 「世に-といふ事は、此の男より始まりける/浄瑠璃・神霊矢口渡」
酒の異名。 「日用の-と申し候/浄瑠璃・当麻中将姫」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まん‐ぱち【万八】

〘名〙
① (万に八つしか本当のことがないの意) うそ。でたらめ。また、よくうそをつく人。
浄瑠璃神霊矢口渡(1770)四「世に万八といふ事は、此男より始りける」
② 酒の異称。〔俳諧・やつこはいかい(1667)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android