千三つ(読み)センミツ

デジタル大辞泉「千三つ」の解説

せん‐みつ【千三つ】

《千のうち本当のことは三つしか言わない》うそつき。
《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地・家屋売買貸金などを斡旋あっせんする職業。また、その人。「千三つ屋」
《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。
[類語]嘘つき法螺吹き与太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android