コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千三つ センミツ

デジタル大辞泉の解説

せん‐みつ【千三つ】

《千のうち本当のことは三つしか言わない意》うそつき。
《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地・家屋の売買や貸金などを斡旋(あっせん)する職業。また、その人。「千三つ屋」
《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんみつ【千三つ】

〔本当のことは千のうち三つしかないの意〕 ほら吹き。うそつき。 「千いふ事三つもまことはなしとて-といふ男あり/浮世草子・桜陰比事 5
〔まとまる話は千回のうち三回の意〕 土地や家屋の売買、貸し金などの仲介を業とする人。千三つ屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

千三つの関連キーワード浮世草子万八百一

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android