千三つ(読み)センミツ

デジタル大辞泉「千三つ」の解説

せん‐みつ【千三つ】

《千のうち本当のことは三つしか言わない》うそつき。
《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地家屋売買貸金などを斡旋あっせんする職業。また、その人。「千三つ屋」
《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。
[類語]嘘つき法螺吹き与太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android