万句合興行(読み)まんくあわせこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

雑俳の興行形態の一つ。江戸では古く,〈万寄(よせ)〉と呼ばれ,多くの句を集めて点取競争が行われた。俳諧興行が企業化し,興行主催が点者から会所(取次,会林)の手に移り,会所がや締切日,入花料を記したちらしを配り,句を集めて点者のを受け,入選句を披露し,多くの場合,高点句を印刷し,景品を添え,加点の詠草を地方の小取次へ返すのが一般的運営形態で,幕末月並発句合もこれに準じたものである。川柳の場合,この一枚摺りの高点摺り物を〈万句合〉と略称しているが,本来は興行全体をさす言葉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android