コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万句合興行 まんくあわせこうぎょう

1件 の用語解説(万句合興行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まんくあわせこうぎょう【万句合興行】

雑俳の興行形態の一つ。江戸では古く,〈万句寄(よせ)〉と呼ばれ,多くの句を集めて点取競争が行われた。俳諧興行が企業化し,興行主催が点者から会所(取次,会林)の手に移り,会所が題や締切日,入花料を記したちらしを配り,句を集めて点者の評を受け,入選句を披露し,多くの場合,高点句を印刷し,景品を添え,加点の詠草を地方の小取次へ返すのが一般的運営形態で,幕末の月並発句合もこれに準じたものである。川柳の場合,この一枚摺りの高点摺り物を〈万句合〉と略称しているが,本来は興行全体をさす言葉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万句合興行の関連キーワード座元太夫元冠付け下席進行形旅興行中席初春狂言物は付け三の替り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone