万年自鳴鐘(読み)まんねんじめいしょう

事典 日本の地域遺産の解説

万年自鳴鐘

(東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館)
機械遺産」指定の地域遺産〔第22号〕。
万年時計(正式名称:万年自鳴鐘)は、1851(嘉永4)年東芝創業者・田中久重が設計・製作した機械式和時計。年に一度ゼンマイを巻くだけで、時刻を表示する駒を季節に対応して自動的に動かす画期的な和時計であった。漆工や螺鈿、彫金などの美しい工芸的な装飾を合わせ持っている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典内の万年自鳴鐘の言及

【和時計】より

…枕時計や印籠時計がつくられたころには,天秤の代りに輪状のてんぷが用いられるようになり,また小型の置時計である枕時計には振り子をもつものもある。和時計の末期には万年自鳴鐘と呼ぶ和洋両時刻,七曜表,二十四節気,月の満ち欠け,干支,日月運行などを表し,工芸の粋を尽くした精巧な時計もつくられた。 和時計の時刻は1日を昼と夜に二分し,昼と夜をそれぞれ6刻に分割していた。…

※「万年自鳴鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android