コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中久重 たなかひさしげ

7件 の用語解説(田中久重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中久重
たなかひさしげ

[生]寛政11(1799).9.18. 久留米
[没]1881.11.7.
発明家,通称儀右衛門。幼時から発明の才を発揮し,からくり儀右衛門と呼ばれた。天保5 (1834) 年大坂に移り,機械,器具の製作を行い,翌年伏見に移住,無尽灯を発明,嘉永2 (49) 年近江大掾となり,次いで京都に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

田中久重

現在の久留米市通町でべっこう職人の家に生まれる。関西を中心にからくり人形の興行をする傍ら、様々な発明を手がけた。佐賀藩に招かれ蒸気機関を、久留米藩では大砲を製造するなど西洋技術の国産化に従事。明治維新後は上京し、電信機器の開発に取り組んだ。1875(明治8)年、東芝の発祥となる工場を創設した。

(2013-11-29 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐ひさしげ【田中久重】

[1799~1881]幕末・明治初期の技術者。久留米の人。からくり人形を製作してからくり儀右衛門とよばれた。万年時計や日本最初の機関車模型を製作。明治8年(1875)日本最初の民間機械工場を作り、今日の東芝の基礎を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中久重【たなかひさしげ】

幕末〜明治の発明家。通称儀右衛門,近江大掾(だいじょう)(御用時計師の称号)。筑後久留米の生れ。幼時から機工に長じ,〈からくり儀右衛門〉と呼ばれた。大坂,京都に出,雲竜水と呼ぶ消火器,須弥山(しゅみせん)儀などを作り,万年時計を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たなかひさしげ【田中久重】

1799‐1881(寛政11‐明治14)
幕末・明治の機械技術者。久留米のべっこう細工師の長男として生まれ,幼時より機巧の才にたけ,〈からくり儀右衛門〉と呼ばれた。1824年(文政7),諸国遍歴に旅立ち,長崎を経て,大坂,京都に移り,天文暦学の土御門家に入門,嵯峨御所より御用時計師に与えられる近江大掾(だいじよう)の称号を授かり,京都に機巧堂という店舗をかまえた。各種の高級時計,無尽灯,雲竜水,須弥山儀などを製作し,また江戸期最高の万年時計を完成したが,これらは買手がつかず,見世物のからくり興業で渡世していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかひさしげ【田中久重】

1799~1881) 幕末・明治初期の発明家。久留米の人。からくり人形を作りからくり儀右衛門と呼ばれた。菜種油を使った無尽灯や四百日巻きの万年時計を発明。また、蒸汽罐や鉄砲の製造にも関与した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中久重
たなかひさしげ
(1799―1881)

幕末から明治初期の技術者。久留米(くるめ)のべっこう細工職人の長男に生まれた。細工や発明の才に優れ、巧妙な「からくり」人形を製作したりしたことから「からくり儀右衛門(ぎえもん)」ともよばれた。1813年(文化10)井上伝(いのうえでん)に協力して絵絣(えがすり)を発明、1817年父の死後、家業を弟に譲り、1824年(文政7)肥前国(佐賀県)、肥後国(熊本県)、大坂、京都に技術修業し、1834年(天保5)大坂に居を構え、懐中燭台(かいちゅうしょくだい)や無尽灯(むじんとう)を発明、製造販売するかたわら、なおその技量を磨いた。1837年大塩平八郎の乱で家財を焼失、京都伏見(ふしみ)に転居した。ここで幕府天文方間重富(はざましげとみ)がかつて精密器械をつくらせていた金工戸田東三郎忠行と親交を結び、その紹介で器械製造販売を続けながら天文暦学の土御門(つちみかど)家で天文暦学を学んだ。1849年(嘉永2)近江大掾(おうみのだいじょう)の号を大覚寺より授けられ、これを利用して1852年京都四条烏丸(からすま)に「機巧堂(からくりどう)」という店を出した。この間、須弥山儀(しゅみせんぎ)を製作(1847)、また蘭学者(らんがくしゃ)広瀬元恭(ひろせげんきょう)と親交を結びヨーロッパの知識や技術を学び、1851年万年時計(自鳴鐘)を製作、これはヨーロッパの懐中時計を利用して精度を高め、洋式・日本式時刻、七曜、二十四節気、月の満ち欠け、干支(えと)をも表示する和時計の傑作である。このほか多数の高級和時計をつくり、1853年には佐賀藩精錬方に招かれ、日本最初の機関車模型を製作、1864年(元治1)久留米藩に招かれ、1866年(慶応2)同藩の今井栄(1822―1869)に従って軍艦買付けのため上海(シャンハイ)に渡った。1875年(明治8)東京の銀座に店を構え、田中製造所を開業、日本最初の民間機械工場となった。政府の指定工場として電信器の修理・製作にあたり、これが芝浦製作所となり今日の東芝へと連なる。日本の精密機械、工作技術の草創期に多くの技術者も育てた。なお、弟子の金子大吉(1864―1905)が養子となって田中姓を継ぎ、養父没後、2代目久重を襲名した。[井原 聰]
『今津健治著『近代技術の先駆者東芝創立者田中久重の生涯』(1964・角川書店) ▽今津健治著『からくり儀右衛門――東芝創立者田中久重とその時代』(1992・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中久重の言及

【東芝[株]】より

…日立製作所と並ぶ,日本を代表する総合電機メーカー。1875年,天才発明家田中久重により田中製造所として個人創業されたのに始まる。電信機の製造を行ったが,93年三井銀行(1898年にはさらに三井鉱山)が継承し芝浦製作所と改称,1904年独立・改組して(株)芝浦製作所となった。…

※「田中久重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中久重の関連キーワード久留米久留米縞久留米躑躅東久留米鼈甲飴鼈甲漬福岡県久留米市御井町竹尾年助田中精助《機械技術史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中久重の関連情報