コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年時計 まんねんどけい

2件 の用語解説(万年時計の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

万年時計【まんねんどけい】

1850年(嘉永3年)ごろ田中久重が完成させた精巧な機械時計。高さ53cm,6個の文字盤をもち,第1文字盤に動力ぜんまいを取りはずしたスイス懐中時計をはめ込んで,そのレバー脱進機を全体の脱進装置とし,この伝達装置から分岐した歯車機構で他の文字盤を動かす。
→関連項目和時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万年時計
まんねんどけい

和時計最高の傑作といわれる400日巻きの複雑精巧な時計。からくり儀右衛門(ぎえもん)ともよばれた田中久重(ひさしげ)が1851年(嘉永4)に完成、現在は国立科学博物館に所蔵されている。久重はこれを自鳴鐘(じめいしょう)とよんだ。高さ53センチメートルの置き時計で、六角の各面に洋式時刻、割駒(わりこま)式回転文字板による和式時刻、二十四節、七曜、月の位相(満ち欠け)と日付、暦(十干十二支)の表示を備え、上部の半球形ガラスケースの中には日本地図上に太陽と月とを模した赤球と白球があって自動的にその運行を示している。これらを作動させる原動力は4本の真鍮(しんちゅう)製のぜんまいで、2個1組となり運針と時打ちにあてられ、台座の部分に納められている。この時計全体の運行はぜんまいを取り外したスイス製の16石懐中時計によって行われている。[元持邦之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万年時計の関連キーワード田中久重からくり儀右衛門小林梅五郎広瀬寅五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万年時計の関連情報