三ノ輪(読み)みノわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三ノ輪
みのわ

東京都台東(たいとう)区の最北端、荒川区に接する地区。『新編武蔵国風土記(むさしのくにふどき)稿』に三ノ輪、『武蔵国郷帳』に三之輪村が記載されている。江戸時代の三之輪村は現在の荒川区南千住(みなみせんじゅ)の南部まで広がっていた。明治通りと昭和通りが交差する交通の要地で、交差点に東京メトロ日比谷(ひびや)線の三ノ輪駅がある。永久(えいきゅう)寺は目黄(めき)不動の通称で知られ、北側に投げ込み寺の浄閑(じょうかん)寺(荒川区南千住2丁目)がある。都内唯一の都電の始発駅三ノ輪橋は北隣の荒川区南千住1丁目にある。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三ノ輪の関連情報