三上豊夷(読み)みかみ とよつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上豊夷 みかみ-とよつね

1863-1942 明治-昭和時代前期の実業家。
文久3年2月2日生まれ。神戸にでて海運業をいとなみ,孫文の革命運動を支援。大正8,12年に内国通運(日本通運の前身)の8,10代社長となる。昭和16年「世界平和般若波羅蜜多経」をあらわし,憲兵隊の取り調べをうけた。昭和17年10月30日死去。80歳。越前(えちぜん)(福井県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android