コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三不去 サンフキョ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ふきょ【三不去】

中国古代や日本の律令制で、妻を離別してはならないとされた三つの場合。帰る家のない場合、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)の喪を果たした場合、貧賤であった夫が富貴になっている場合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんふきょ【三不去】

〔大戴礼 本命
妻を離別することができない三つの場合。帰る所のない場合、舅しゆうと・姑しゆうとめの喪をつとめた場合、結婚後に富貴になった場合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三不去の言及

【三不去七出】より

…七出(また七去)とは,(1)無子(男子についていう),(2)姦淫,(3)舅姑(しゆうとしゆうとめ)につかえず,(4)口舌多言,(5)盗窃,(6)嫉妬,(7)悪疾(らい病の類)で,このうち一つに該当するとき,夫は妻を離婚できる。三不去とは,(1)妻が舅姑の喪を守りおえた場合,(2)貧賤のときに妻を娶り現在富貴となっている場合,(3)妻の実家がすでにない場合で,このうち一つに該当するときは,七出の事由があろうとも離婚は許されない。ただし姦淫,また時代によって悪疾のときは例外とされる。…

【離婚】より

…しかし貧窮な庶民は〈七出〉がどうであろうと,妻に離婚状なぞ与えてしまえば,その日から家事に困り,金がないので後妻も迎えられないので,うかつに離婚はできなかった。 いにしえの聖人は,妻を離婚しえない3条件〈三不去〉をも決めることを忘れなかった。〈三不去〉とは,めとったものの帰すべき里のない者,父母の3年の喪を終えているとき,初め貧賤で後に富貴になった場合。…

※「三不去」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三不去の関連キーワード七去三不去三不去七出三従七去大戴礼女訓抄七出三従棄妻

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android