舅姑(読み)きゅうこ

精選版 日本国語大辞典「舅姑」の解説

きゅう‐こ キウ‥【舅姑】

〘名〙 夫または妻の父母。しゅうととしゅうとめ。〔令義解(718)〕
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉四七「平均して(キウコ)両存は嫁の為めに仕合(しあはせ)なるが如し」 〔礼記‐檀弓下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「舅姑」の解説

【舅姑】きゆう(きう)こ

しゅうと、しゅうとめ。夫の父母。また妻の父母。〔礼記、郊特牲〕舅姑を卒(を)へ、、餘りを(しゆん)す(余り物をたべる)。之れを私(めぐ)むなり。

字通「舅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android