コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三五要録 さんごようろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三五要録
さんごようろく

平安時代末の雅楽琵琶譜藤原師長著。写本 12巻,活字本はない。完成は師長が太政大臣になった治承1 (1177) 年以降。内容は案譜法,調子品,催馬楽 (さいばら) ,唐楽,高麗楽 (こまがく) など。楽譜のほかに音楽理論や楽曲解説などの記述が豊富で,音楽学にとって貴重な資料。本書を抜抄したものに『三五要略』『三五詳録』がある。なお『三五中録』は藤原孝時の著。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三五要録の関連キーワード仁智要録

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android