コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人四脚型直接投資方式 さんにんよんきゃくがたちょくせつとうしほうしき

1件 の用語解説(三人四脚型直接投資方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三人四脚型直接投資方式
さんにんよんきゃくがたちょくせつとうしほうしき

製造業における日本の発展途上国向け企業進出に特徴的にみられる直接投資の方式で,日本企業 (メーカー) ,日本商社と現地側パートナーの3者が共同で合弁会社を設立するというもの。アメリカ系巨大多国籍企業の場合には直接投資を行う際に 100%支配の子会社設立を望む傾向が強いが,海外進出を望む日本企業の場合には中小企業が多いため,世界的な情報・貿易網をもつ日本の商社がオーガナイザーとなり,日本企業と現地側パートナーを結びつけて直接投資を実現することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三人四脚型直接投資方式の関連キーワード製造原価開発途上国開発輸入後発発展途上国新植民地主義MDCネパールの貧困ルムンバ民族友好大学《世界史における日本》発展途上社会研究センター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone