コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三八替持法 さんぱちかえもちほう

防府市歴史用語集の解説

三八替持法

 1771年、製塩不況を立て直すために田中藤六[たなかとうろく]が考えた塩の生産調整方法です。1年のうちで、塩がつくりやすい3月から8月だけ、塩田を半分ずつ交互に使って塩をつくるという方法です。この方法を瀬戸内海沿岸の主な塩の生産地でいっせいに行ったことで、製塩不況を脱出しました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

三八替持法の関連キーワードお蔭参り山岡浚明自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波赤川池の藻屑オーエン大鳥池

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone