コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三八替持法 さんぱちかえもちほう

防府市歴史用語集の解説

三八替持法

 1771年、製塩不況を立て直すために田中藤六[たなかとうろく]が考えた塩の生産調整方法です。1年のうちで、塩がつくりやすい3月から8月だけ、塩田を半分ずつ交互に使って塩をつくるという方法です。この方法を瀬戸内海沿岸の主な塩の生産地でいっせいに行ったことで、製塩不況を脱出しました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

三八替持法の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android