三原春上(読み)みはらの はるかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三原春上 みはらの-はるかみ

774-845 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。三原弟平(おとひら)の長男。中務少輔(なかつかさのしょう),蔵人頭(くろうどのとう),弾正大弼(だんじょうのだいひつ)をへて,天長5年参議となる。のち右大弁,式部大輔(しきぶのたいふ),治部卿(じぶきょう)をつとめた。正四位下。漢詩1首が「経国集」におさめられている。承和(じょうわ)12年11月18日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android