コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原春上 みはらの はるかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三原春上 みはらの-はるかみ

774-845 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)5年生まれ。三原弟平(おとひら)の長男。中務少輔(なかつかさのしょう),蔵人頭(くろうどのとう),弾正大弼(だんじょうのだいひつ)をへて,天長5年参議となる。のち右大弁,式部大輔(しきぶのたいふ),治部卿(じぶきょう)をつとめた。正四位下。漢詩1首が「経国集」におさめられている。承和(じょうわ)12年11月18日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三原春上の関連キーワード宝亀公卿

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android