三叉神経痛の治療(読み)さんさしんけいつうのちりょう

家庭医学館「三叉神経痛の治療」の解説

さんさしんけいつうのちりょう【三叉神経痛の治療】

 脳腫瘍(のうしゅよう)や脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の圧迫など原因がはっきりしている場合は、それに対する治療が必要です。以前は、これらの原因がはっきりしている症候性神経痛と、原因が見つからない特発性神経痛に分けられていました。
 最近、特発性神経痛とされるうちの多くは、三叉神経が脳に入る部分で、動脈が神経を圧迫しており、手術で圧迫を取り除くと、痛みが治ることがわかってきました。
 手術は、後頭部を小さく開頭し、手術用顕微鏡を使用して、圧迫している血管をずらし神経を減圧します(神経血管減圧術)。手術成績もよく、多くの脳外科の施設で行なわれています。まれに、術後に再発することもあります。
 手術を行なわずに、カルバマゼピンなどの抗てんかん薬の内服や、三叉神経節に針を刺して高周波電流を流す方法もあります。
 抗てんかん薬には副作用もあり、手術には危険がまったくないとはいえないなど、それぞれ長所や短所があります。慎重に治療法を選ぶことが必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android