コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三叉神経痛の治療 さんさしんけいつうのちりょう

家庭医学館の解説

さんさしんけいつうのちりょう【三叉神経痛の治療】

 脳腫瘍(のうしゅよう)や脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の圧迫など原因がはっきりしている場合は、それに対する治療が必要です。以前は、これらの原因がはっきりしている症候性神経痛と、原因が見つからない特発性神経痛に分けられていました。
 最近、特発性神経痛とされるうちの多くは、三叉神経が脳に入る部分で、動脈が神経を圧迫しており、手術で圧迫を取り除くと、痛みが治ることがわかってきました。
 手術は、後頭部を小さく開頭し、手術用顕微鏡を使用して、圧迫している血管をずらし神経を減圧します(神経血管減圧術)。手術成績もよく、多くの脳外科の施設で行なわれています。まれに、術後に再発することもあります。
 手術を行なわずに、カルバマゼピンなどの抗てんかん薬の内服や、三叉神経節に針を刺して高周波電流を流す方法もあります。
 抗てんかん薬には副作用もあり、手術には危険がまったくないとはいえないなど、それぞれ長所や短所があります。慎重に治療法を選ぶことが必要となります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

三叉神経痛の治療の関連キーワード神経ブロック

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android