三味線歌(読み)シャミセンウタ

大辞林 第三版の解説

しゃみせんうた【三味線歌】

三味線にのせて歌う歌。長唄・小唄・地歌などの唄物と浄瑠璃などの語り物がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃみせん‐うた【三味線歌】

〘名〙 三味線を伴奏にしてうたう歌。主として地歌・長唄・荻江・小唄・端唄・うた沢などの歌い物をさし、時には浄瑠璃などの語り物をさすこともある。さみせんうた。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉三「それから三味線唄(シャミセンウタ)や芝居の話などまで持ち出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三味線歌の関連情報