コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大差別 さんだいさべつ Sān dà chà bié

1件 の用語解説(三大差別の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんだいさべつ【三大差別 Sān dà chà bié】

現代中国において,都市と農村,労働者と農民,精神労働肉体労働とのあいだに存在する差別を呼ぶ。マルクスは1844年の《共産党宣言》の中で,都市と農村との対立を解消するという任務は労働者階級が積極的に取り組むべき課題であると述べた。それ以後,この対立こそ後2者の対立の基礎となっていると考えられ,その克服が共産主義者の任務の一つとして取り組まれてきた。レーニンスターリンは,農村を機械化し,農民を労働者に変えれば,大都市集中を放置しておいても,この対立は解消に向かうと考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三大差別の関連キーワード労働者階級オーライ!ニッポン会議労農労農政府健常労働者効果都市と農山漁村の共生・対流一人っ子政策と罰金社会主義新農村の建設農民工アグリツーリズム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone