三好長逸(読み)みよし ながゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好長逸 みよし-ながゆき

?-? 戦国時代の武将。
三好之長(ゆきなが)の孫。三好三人衆のひとり。松永久秀と協力し,宗家の三好義継(よしつぐ)を後見した。のち久秀・義継の同盟軍と対立,奈良を中心に交戦をくりかえす。織田信長の畿内制圧で阿波(あわ)(徳島県)にのがれ,しばしば反攻したが,天正(てんしょう)元年(1573)の敗走以後は不明。別名に長縁(ながより)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例