コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好義継 みよしよしつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好義継
みよしよしつぐ

[生]?
[没]天正1(1573).11.16. 河内
戦国時代の武将。十河一存 (そごうかずなが) の子。一存の兄長慶の養子となる。初名,重存。長慶の死後,家督を継いだが,家宰松永久秀の勢力が強く,永禄8 (1565) 年久秀にすすめられて将軍足利義輝二条城に襲って自殺させた。同 11年三好三人衆と抗争し,織田信長の入京後はこれに従ったが,天正1 (73) 年将軍足利義昭に応じて信長にそむき,信長の武将佐久間信盛らに攻められて若江城で自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好義継 みよし-よしつぐ

1549-1573 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。十河一存(そごう-かずまさ)の子。伯父三好長慶(ながよし)の養子となり,永禄(えいろく)6年(1563)家督をつぐ。松永久秀と三好三人衆の後見をうけたが,両者の対立で久秀と同盟。11年織田信長に降伏して河内(かわち)(大阪府)半国をゆるされ,若江城主となる。のち信長と不和となった足利義昭をかくまい,天正(てんしょう)元年11月16日信長軍に攻められて自害。25歳。名ははじめ重存,義重。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三好義継

没年:天正1.11.16(1573.12.10)
生年:生年不詳
戦国大名。讃岐十河城(香川県高松市)城主十河一存(長慶の弟)の子。したがって長慶の甥に当たる。幼名熊王丸,通称孫六郎,初名重存。左京大夫。永禄6(1563)年8月長慶嫡子義興の死により家督に据えられる。翌年7月長慶没するや遺臣らは喪を秘して義継を領国8カ国の当主としたが,養父の器量におよばず,三人衆と松永久秀が後見した。翌年の将軍足利義輝暗殺後,三人衆と久秀の間に内訌が起こり,三人衆は義継の身柄を拉致,飯盛から高屋城に移され全く三人衆の傀儡となった。しかし三人衆家臣らの人質扱いに怒った義継は,同10年2月秘かに堺の陣を脱して久秀の宿所へ走り,松永党が俄然優位を取り戻した。翌年9月織田信長が入京すると,機を見るに敏な久秀は信長に降り,そのため義継もこれに同調せざるをえなくなり,若江城主として河内北半国は安堵されたものの8カ国の大版図を一挙に失った。翌年3月には新将軍足利義昭の妹と結婚。この縁でその後は義昭とほぼ行動を共にするが,天正1(1573)年7月義昭の反によりその立場は悪化,槙嶋城より退去した義昭を若江城にかくまった咎を受け,同年11月佐久間信盛の猛攻のもとに自刃して果てた。ここに三好宗家は滅亡した。その暗愚が三好大領国を潰し,信長の畿内進出を容易ならしめたといえよう。<参考文献>今谷明『戦国三好一族』

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三好義継の関連キーワード足利義栄三好長逸細川昭元池田勝正戦国時代三好政康狩野松栄笑嶺宗訢彦部晴直ビレラ聚光院慶寿院

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android