コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅驥一 みやけ きいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅驥一 みやけ-きいち

1876-1964 明治-昭和時代の植物学者。
明治9年11月11日生まれ。アメリカ,ドイツで細胞学を研究。明治44年東京帝大助教授,昭和7年教授。コンブの精子発見,アサガオの遺伝学的研究などで知られ,日本遺伝学会,日本水産学会の会長を歴任。昭和39年3月30日死去。87歳。兵庫県出身。東京帝大卒。訳書に「ストラスブルガー植物学」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三宅驥一の関連キーワード新藤兼人おもなお雇い外国人中平康[各個指定]芸能部門ジュネーブ道路交通条約森一生ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)リットンアトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone