コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三家家刀自 みやけの いえとじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三家家刀自 みやけの-いえとじ

?-? 奈良時代の女性。
豪族の婦人として上野(こうずけ)群馬郡下賛郷高田里にすみ,神亀(じんき)3年(726)一族の9人とともに,祖先の菩提安穏を天地に誓願することを記した石碑をたてた。この石碑は金井沢碑として高崎市山名町に現存する。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三家家刀自

生年:生没年不詳
8世紀前半,地方豪族三家一族を統括した女性。神亀3(726)年2月29日,群馬県高崎市に現存する古代上野三碑のひとつ,高田里結知識碑(金井沢碑)を建立した。石碑には,上野国群馬郡下賛郷高田里の三家子孫である家刀自本人,娘の池田君目頬刀自,孫娘の加那刀自,その子供たち物部君午足,〓刀自,乙〓刀自,および三家毛人,知麻呂らがともに知識を結び,祖先の菩提安穏を天地に請願する旨の石碑であると記されている。姓は父系だが,現実の知識結合の生活集団は女系であり,女性の家刀自が統括者だったことがわかる。<参考文献>関口裕子「日本古代家族の規定的血縁紐帯について」(『古代史論叢』中),義江明子「『刀自』考」(『史叢』42号)

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三家家刀自の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android