三峰口(読み)みつみねぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埼玉県西部,秩父市白久(しろく)の一部。1930年秩父鉄道の終点三峰口駅が設置されてから駅付近に与えられた呼称。ここから三峰神社(→三峰山)への登り口である大輪バスが通じる。駅西方 200mほどのところに古生層新第三紀層の不整合面があり,新第三紀層の秩父盆地と,古生層の秩父山地境界が見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三峰口の関連情報