コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三嶌通良 みしま・みちよし

1件 の用語解説(三嶌通良の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

三嶌通良

没年:大正14.3.9(1925)
生年:慶応2.6.6(1866.7.17)
明治期の学校保健制度の創設者。武蔵国入間郡霞ケ関村(埼玉県)生まれ。明治22(1889)年東京帝大医科大を卒業し,翌23年1月大学院に入学して,小児科学,特に健康小児の発育について研究。24年9月文部省から学校衛生関係の取り調べ依頼をうけ,毎年全国の諸学校を巡回して調査した。29年5月文部省学校衛生主事兼東京高師教授。33年4月文部省学校衛生課長を経て,36年3月学校衛生についての研究のため欧米へ留学し,38年4月東京麹町内幸町に開業した。25年帝国痘苗院を設立して痘苗の供給と種痘術の普及に尽力し,三嶌式種痘法として世に行われた。<著作>『救世種痘術』『学校衛生学』『学校児童発育調査報告書』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三嶌通良の関連キーワード保健婦三島通良退職者医療制度御国入り洋学校学校保健赤沢仁兵衛岩原拓粕谷義三繁田満義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone