コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三嶌通良 みしま・みちよし

1件 の用語解説(三嶌通良の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

三嶌通良

没年:大正14.3.9(1925)
生年:慶応2.6.6(1866.7.17)
明治期の学校保健制度の創設者。武蔵国入間郡霞ケ関村(埼玉県)生まれ。明治22(1889)年東京帝大医科大を卒業し,翌23年1月大学院に入学して,小児科学,特に健康小児の発育について研究。24年9月文部省から学校衛生関係の取り調べ依頼をうけ,毎年全国の諸学校を巡回して調査した。29年5月文部省学校衛生主事兼東京高師教授。33年4月文部省学校衛生課長を経て,36年3月学校衛生についての研究のため欧米へ留学し,38年4月東京麹町内幸町に開業した。25年帝国痘苗院を設立して痘苗の供給と種痘術の普及に尽力し,三嶌式種痘法として世に行われた。<著作>『救世種痘術』『学校衛生学』『学校児童発育調査報告書』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

三嶌通良の関連キーワード治安維持法ドイツ映画女工哀史ボルゴグラードレザー・シャー・パフラビーイービ木下利玄モースモッセレツェル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone