痘苗(読み)とうびょう(英語表記)smallpox vaccine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痘苗
とうびょう
smallpox vaccine

種痘の接種材料で,痘瘡 (天然痘) ワクチンのこと。痘は種々あるが,近年まで用いられていたのは牛化人痘苗で,これは人痘をサルウサギなどに接種,発痘させたものを,さらに子ウシの腹部に接種し,ここに発痘したものをかき取って,0.6%石炭酸グリセリンで4~5倍に薄めたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

痘苗【とうびょう】

種痘の接種材料。灰色の濃厚な懸濁液。ワクシニアウイルスを雌子ウシに接種し,生じた膿疱(のうほう)から得た粗苗にグリセリンと防腐剤のフェノールを加えたもの。ワクシニアウイルスは人痘ウイルスではないが,抗原的には区別できない。
→関連項目牛痘ワクチン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐びょう ‥ベウ【痘苗】

〘名〙 天然痘の予防接種に用いる弱毒化したウイルスの液。種痘の接種材料。
※日本‐明治二九年(1896)七月二日「痘苗製造所を置く事となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報