コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三年飛ばず鳴かず サンネントバズナカズ

デジタル大辞泉の解説

三年(さんねん)飛ばず鳴かず

《「史記」滑稽伝・淳于髡や、「呂氏春秋重言などにある、3年間飛ばず鳴かずにいる鳥は、ひとたび飛ぶと天まで上がり、ひとたび鳴けば人を驚かすというたとえから》大いに活躍する機会を待って、長い間じっとしていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんねんとばずなかず【三年飛ばず鳴かず】

将来の活躍を期してじっと機会を待っていること。 〔楚の荘王が三年間酒色に耽って政治を顧みないのを臣下が諫いさめると、王は「飛べば天まで上がり、鳴けば必ず人を驚かすだろう」と答えたという「史記楚世家」などの故事から〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三年飛ばず鳴かずの関連キーワード鳴かず飛ばず三年将来

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android