コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄飛 ユウヒ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐ひ【雄飛】

[名](スル)雄鳥が大空に飛び上がるように、大きな志をいだいて盛んに活動すること。「科学者として世界に雄飛する」⇔雌伏(しふく)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうひ【雄飛】

( 名 ) スル
(雄鳥が舞い上がるように)勢い盛んに活躍すること。 ↔ 雌伏 「海外に-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雄飛の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛インドネシア・マレー人バーラタバルシャイーストマン天野 芳太郎国井 敏秋宮崎 滔天田中 路子中川 牧三関屋 敏子喜波 貞子山路 芳久日森 虎雄天野芳太郎藤原 義江伊藤 清蔵畠山 清行海童 道祖大陸浪人長井雅楽

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄飛の関連情報