重言(読み)ジュウゲン

  • じゅうげん ヂュウ‥
  • じゅうげん〔ヂユウ〕
  • じゅうごん ヂュウ‥
  • じゅうごん〔ヂユウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 同じことを二度言うこと。
※肥前河上宮古文書写‐元徳四年(1332)正月日・肥前河上社雑掌家邦陳状写「載先段之間、不重言焉」 〔韓非子‐八経〕
② 同じ字を重ねた熟語。「堂々」「悠々(ゆうゆう)」などの類。畳字。畳語。
〘名〙 同じ意味のことばを重ねて用いた表現。「豌豆豆(えんどうまめ)」「半紙の紙」「後の後悔」「被害を被る」「犯罪を犯す」などの類。じゅうげん。
※一滴集(1440)ふちはかま「尤可然三従にしたがふとは重言也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android