コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三度肘を折って良医となる ミタビヒジヲオッテリョウイトナル

デジタル大辞泉の解説

三度(みたび)肘(ひじ)を折って良医となる

《「春秋左伝」定公一三年から》医者は、何度も自分のひじを折り苦痛を経験して初めて良医となる。人は多くの困難を経て初めて円熟境地に達するということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みたびひじをおってりょういとなる【三度肘を折って良医となる】

〔左氏伝 定公十三年
医者は自分で痛みや苦しさを知ってはじめて良医となれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三度肘を折って良医となるの関連キーワード左氏伝三度

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android