三昧境(読み)さんまいきょう

精選版 日本国語大辞典「三昧境」の解説

さんまい‐きょう ‥キャウ【三昧境】

〘名〙 心を一事に集中して、雑念を離れた忘我境地
※文芸上主客両体の融会(1907)〈相馬御風〉「自覚せられたる自然主義の三昧境は、知識と感情とのながい対峙の果ての疲労から、偶然にも到り得た主客両体の融合境の自覚に外ならぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android