コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬御風 そうま ぎょふう

7件 の用語解説(相馬御風の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

相馬御風

詩人・文芸評論家。新潟県生。名は昌治。早大卒。初め短歌を志して「明星」の同人となるが、早大卒業後、三木露風らと共に早稲田詩社を結成、自然主義的立場からの革新を唱えた。また良寛の研究家としても知られる。著書に『大愚良寛』等。昭和25年(1950)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうま‐ぎょふう〔サウま‐〕【相馬御風】

[1883~1950]評論家・詩人・歌人。新潟の生まれ。本名、昌治。「早稲田文学」の編集に参加、また三木露風野口雨情らと早稲田詩社を興し、自然主義の立場から評論・口語自由詩を発表。晩年は良寛の研究に努めた。評論「黎明期の文学」「大愚良寛」、詩集「御風詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

相馬御風【そうまぎょふう】

詩人,歌人,評論家。本名昌治(しょうじ)。新潟県生れ。早大英文卒。はじめ新詩社に入るがのちに脱退。《早稲田文学》の編集に携わり,自然主義文学を論じ,口語詩を推進した。
→関連項目近代思想復活三木露風明星早稲田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬御風 そうま-ぎょふう

1883-1950 明治-昭和時代の詩人,文芸評論家。
明治16年7月10日生まれ。「早稲田文学」の編集にたずさわり自然主義評論を執筆。また三木露風らと口語自由詩運動を推進。大正5年郷里の新潟県にかえり良寛の研究にうちこむ。早大校歌「都の西北」の作詞者。昭和25年5月8日死去。66歳。早大卒。本名は昌治(まさはる)。著作に「御風詩集」「黎明(れいめい)期の文学」「大愚良寛」。
【格言など】今さらに賜(た)びし広野ぞうらまるる夢みだれては若き花守(「睡蓮」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

そうまぎょふう【相馬御風】

1883~1950) 詩人・歌人・評論家。新潟県生まれ。本名、昌治。早大卒。岩野泡鳴らと「白百合」を創刊。のち「早稲田文学」を編集し自然主義評論家として活躍したが、「還元録」を刊行後郷里に戻り、良寛研究に専念。主著「黎明期の文学」「自我生活と文学」「御風詩集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相馬御風
そうまぎょふう

[生]1883.7.10. 糸魚川
[没]1950.5.7. 糸魚川
詩人,評論家。本名,昌治。 1906年早稲田大学英文科卒業とともに『早稲田文学』の編集に参加,『自然主義論に因みて』 (1907,のち『没我と全我』と改題) ,『文芸上主客両体の融合』 (07) などの論文で自然主義評論家として登場した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相馬御風
そうまぎょふう
(1883―1950)

評論家、詩人、歌人。本名昌治(まさじ)。新潟県糸魚川(いといがわ)の生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、島村抱月のもとで『早稲田文学』の編集に参加、『黎明(れいめい)期の文学』(1912)、『生の要求と文学』(1913)などにまとめられる個性的な自然主義評論を執筆。また、口語自由詩運動の一環として早稲田詩社を結成、自らも詩作して『御風詩集』(1908)などを残した。早大校歌を作詞。思想的屈折を経て、『還元録』(1916)を文壇への決別の辞として郷里に退隠、その後は随筆家として活動、『大愚良寛(たいぐりょうかん)』(1918)などを著した。糸魚川市に相馬御風資料室がある。[田沢基久]
『『相馬御風著作集』八巻・別巻二(1981・名著刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相馬御風の言及

【糸魚川[市]】より

…明星山,黒姫山などの豊かな石灰岩層に恵まれてセメント産業,窯業が盛んであり,また昭和初めから姫川の電源開発が進んだため,繊維,電気機器産業も進出した。良寛研究で知られる相馬御風の住家,土蔵2棟は県文化史跡指定相馬御風記念館として保存されている。山寺に伝わる延年形式の民俗芸能〈おててこ舞〉は国の無形民俗文化財。…

※「相馬御風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相馬御風の関連キーワード上田敏雄緒方昇小沢恒一加藤一夫木村好子近藤東沢ゆき人見東明富士田吉治(3代)正富汪洋

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相馬御風の関連情報